エステサロンでも仮想通貨決算を導入した方がいいのか?

仮想通貨に関するニュースが増えてきました。中には、美容・エステ業界において着目せざるを得ない内容もあります。

ぐるなびの決算に

飲食店ポータルサイト「ぐるなび」

ぐるなびも仮想通貨による決算の導入を予定しています。(参考:ぐるなび、ビットコイン決済支援 20年までに

最近では国内最大手の仮想通貨・ブロックチェーン企業である株式会社bitFlyerとの提携が決まりました。仮想通貨による決算は前向きに進んでいると考えられます。(参考:bitFlyerぐるなびへのビットコイン決済サービス提供

LINE

無料通話・無料メールアプリ大手のLINEは、ビットコインなどの仮想通貨を自社の電子マネーに組み込むことなどにより、LINEを通じた決済や支払いを可能にするようなサービスの導入を検討している。複数の関係者が明らかにした。

関係者によると、LINEは国内外の仮想通貨取引業者と、具体的な連携の方法などについて協議している。

(情報引用元:Bloomberg

今や誰もが使っているLINE

LINEの決算にも仮想通貨の導入を検討しているようです。

ホットペッパーは?

現段階ではホットペッパーと仮想通貨に関する情報はありません。しかし、ぐるなびへの導入が本格化してくれば、いずれ食べログやホットペッパーに導入されていくのも時間の問題でしょう。

そうなれば、ホットペッパービューティーにも浸透していくことは言うまでもありません。

すでに仮想通貨決算を行なっているエステサロンや美容室も現れています。

今すぐ仮想通貨決算を導入すべき?

こんな記事を読めば、うちも仮想通貨決算を導入した方がいいのかな?と思うでしょう。

「今すぐに仮想通貨決算を導入した方がいい!」とは言いません。

政界ではどの国も仮想通貨の規制に関する話し合いが増えてきています。まだまだ不安要素が多いのも事実です。

しかし、仮想通貨は確実にビジネスと結びついてきています。仮想通貨決算の有無で新規来店数に違いが出てきたお店もあります。

ぜひ注目はしておきましょう

仮想通貨は美容・エステ業界でも無視できないものになりつつあります。

いつのまにかWEB集客が標準になりましたね。

一店舗が一つのホームページを持ち、WEBで広告をうち、SNSで認知度アップを図る。

いつのまにか「仮想通貨で支払えますか?」と、お客様に言われる日がくるかもしれません。

比較的、テクノロジーの浸透が遅い業界ですが、いつか仮想通貨決算が浸透した時、すぐに動けるような準備を今のうちからしておくことはオススメです。

余談:今後の方針

本ブログでも、少しずつ仮想通貨に関する話を入れていこうと思います。