好きなものを食べられないことがストレスなら食事制限はしない

あえての「好きなだけ食べるダイエット」に関する成功体験をお話しします。

いろんな種類の食事制限を繰り返し、体重が少し落ちては停滞期に入る。

挫折してドカ食い→リバウンド

これはもっとも多いダイエットの失敗パターンでしょうか。

リバウンドの厄介なところ

リバウンド(ダイエットを失敗)すると、

  • リバウンドするたび体脂肪率は増える
  • 痩せにくく(耐性がつくのか?)
  • セルライトができる
  • 失敗癖がつく

ということが体の中で起こります。ここで最も厄介なのは「失敗癖がつく」ことでしょう。

「もういいや!」と 一度でも諦めてしまうと、次回からはもっと簡単に「もういいや!」となってしまいます。

好きなものを食べられないストレス

ちなみにダイエットを挫折する瞬間No.1は「好きなものを食べられない」というストレスがかかった時。

家族や友人が、大好きなケーキを隣で食べ始めたら。ゲームオーバーですよね。

一度、開き直って(笑)「ダイエット中だけど好きなものだけ食べてみよう!」と思いました。

本当に満足のいく食事をする

食事をするときも

「自分に正直に何が食べたいか?」「まだ食べるか?」をちゃん自分の心に聞きました。

満足のいく食事をするからお腹いっぱいにもなるし、ストレスフリーです。

好きなものを我慢しないと、ドカ食いを起こしません。

1ヶ月に-2kgと、劇的な体重減はありませんが緩やかに体重は減っていきました。

 

いちおうプラスして

  • 簡単なストレッチをする
  • 歩く時間を多めにとる

ことだけは意識しました。

「好きなものを食べられない」ストレスが体に合わない人は、食事制限をしないほうがいいでしょう。

一度、開き直ったダイエットも試してみてください。