令和の太る原因の第1位は「暇な時間」という仮説

こんな仮説を立ててみました。

間食がやめられないのも・・
運動が続かないのも・・
食べ過ぎちゃうのも・・

体重が落ちないのは「暇」という原因に帰着するのではないか?

暇は人をダメにする

私の感想なんですけど

ぶっちゃけ、運動している時間って暇なんですよね。

お菓子を食べちゃうのも「暇つぶし」な気がしています。

食べ過ぎちゃうのも、食後にやることがないから「食に没頭している時間を伸ばしてしまう」ことにあるのではないでしょうか?

人間にとって、暇は天敵だと思っています。

仕事が辛いのも、憂鬱な気持ちが続くのも、定年退職後の人がボケていくのも、

その本質にあるのは『没頭できない=暇』が根底にあると考えます。

没頭は救い

私の場合はブログの執筆があると、その作業に没頭します。

思い返すと、何かに没頭している時は

食事はサッと済ませた!
運動中は考えを整理する時間!!
ほとんど間食してない!!!

という状態になっていました。

文化的な衣食住が確保され、面白コンテンツに溢れ、大金を稼ぐ必要がなくなった令和の時代。

暇な時間は本当に増えたと思います。そして手っ取り早い暇つぶしは「間食」です。

これ・・・令和の太る原因の第1位なのでは!?

暇を削ってみた

そう思って暇な時間を削る努力をしてみました。

急に趣味は見つからないので

・ジョギング中にオーディオブックを聞く
・暇つぶしにクラウドで仕事を受けてみる
・お菓子を食べたくなったらゲーセンに行く

読書や映画は片手間にお菓子を食べそうになるので、やめました。

結果としてはストレスなく間食を減らせました。運動は続くようになったものの、好みのオーディオブックが見つからないとキツそうです。

間食は、「間食の我慢」が辛いのではなく、やはり「暇な時間」がキツイような気がします。暇だから小腹に意識がいってしまうのかな。

ひとまず間食対策

いろいろ仮説を立てて考えましたが

ひとまず

間食を減らそうね!

という結論です。

どう考えても「暇だから間食する」というパターンは増えている気がします。

満たされた現代ならではのデメリットでしょう。

令和は本当に暇との戦いが、ダイエットの成否を分けそうですね。

趣味・・・・見つけよう!