空腹感を抑えるための4つの方法

あめ玉を活用

お腹を空きにくくする簡単な方法はお腹が空く前にあめ玉ひとつ口に入れるだけです。
味は何でも良いです。

ハッカ味のようにスースーする飴でも問題ありません。

お腹が空いてから飴を口に入れると空腹感から飴をボリボリ噛んでしまいやすいので、そのようなことがないようにお腹が空く前に飴を口に入れましょう。

かなり空腹感を抑えられます。ただし、糖分も多いので食べ過ぎには注意です。

朝は空腹感が鈍くなる

意外ですがお腹は空きすぎると空腹感を感じません。朝が良い例なんですが、朝は食欲わかないんですよね。

寝る前にお腹が空いていましたとしても、なぜか朝は食欲がないです。胃の中が空っぽになって数時間経っているとお腹が空く感じが鈍くなるんですね。

ストイックですが、これを利用して空腹を抑えるのも良いと思います。

小腹サポート食品を利用する

最近は小腹サポート的な食品がたくさんありますからそういうものを食べたり飲んだりしてみましょう。

価格も特に気にするような高値ではありません。ドリンクタイプはちょっとどろどろしていますが、そのどろどろが胃に溜って空腹感を和らげてくれます。

最近では「お菓子タイプ」の小腹サポート食品もあります。↓参考までにどうぞ

【心理学×栄養学が導いた答え”ガウビケス”初回540円~スナック菓子でダイエット】

夢中になれることを見つける

男性には効果的な手法かもしれません。

夢中になれることを見つけましょう。誰にでもお腹が空くのも忘れるくらい夢中になれることがあるはずです。筆者の場合それがゲーム。好きなゲームに取り組んでいるときはお腹が空く感じがまったくありません。

打ち込めることなら何でも良いと思いますよ。食事を摂るのも時間が経つのも忘れるくらい打ち込めることを探しましょう。