MAGNEAT(マグニート)とEMSとの違い

マグニートは、磁気を流すことで、筋肉の強力な収縮を起こす。

ベルトを巻いて寝ているだけで、筋肉と脂肪細胞にアプローチするといわれている痩身機器です。

マグニートはEMSよりも高効果があると宣伝されています。

EMSとは違うの?

  • EMSは電気
  • マグニートは磁気

その性質が全く違うみたいですね。

ただ、筋肉の強力な収縮を起こすという効果においては一緒です、

で、受けてみた感想なんですけど

たぶんマグニートもEMS(電気)なんじゃないかなと思います。

理論的に考えてみても

筋肉を外部刺激で動かすにはやっぱり電気刺激じゃないと反応しません。

磁石を体に当ててもぴくぴく動いたりしませんよね。

なので体感としてですが、マグニートはEMSなんじゃないかなと思っています。

磁気の効果

健康グッズに磁気を利用したものもあります。

ピップエレキバンなどがあります。

磁気によって血行を促進し、肩の痛みを和らげたりします。

こういう健康効果はあるみたいです。

ただ未だに磁気で筋トレができるとかは聞かないで。やっぱり本質はEMSかなと。

「磁気」と宣伝していますが、これは差別化のためのマーケティング戦略ですね。

マグニートの効果は?

マグニートもEMSと同じようなマシンとして考えると。

マグニートの効果は筋肉運動による脂肪燃焼効果があります。これは宣伝の通り。

しかし、EMSは機器の性能よりも個人差によるところが大きいです。

脂肪は燃えやすいところから燃えていくので、内臓脂肪や背中の脂肪が比較的早く燃えていきます。

脂肪や肉質が柔らかい人は効果を実感しやすいでしょう。

逆に、脂肪が固まったセルライトは燃えにくいので、効果を実感しにくいです。先にラジオ波エステなどで柔らかくしておくのがおすすめです。

 

おすすめホームケア

施術を受ける前日の夜に、セルフマッサージなどを行っておくだけでも肉質はほぐれます。

ちなみに・・・

マッサージクリームには『IL-CORPO(イルコルポ)』がおすすめです。美容成分・痩身成分が含まれているので、肉質をほぐすだけでなく、セルライトケアも期待できます。