【痩身の基礎知識】脂肪細胞は二度と増えないし減らない

脂肪細胞は減らない

ダイエットは脂肪を燃焼させて、体型をスリムにしていくものですが、覚えておいて欲しいのは「脂肪細胞の数は減らない」ということです。

脂肪を燃焼させ、脂肪細胞の大きさが縮んでいくことでサイズダウンします。

※ 逆に「太る」ということは、脂肪細胞が肥大化していくことです。

脂肪を小さくする施術

痩身エステでは脂肪を小さくすることをメインに、ダイエットをサポートします。

よく使用される「ラジオ波マシン」や「キャビテーション」も、基本的には脂肪小さくしていく施術です。

ラジオ波 ⇨脂肪を燃焼
キャビテーション ⇨脂肪を溶かす

この時、脂肪細胞を直接破壊するようなことは起こらないので、脂肪細胞の数は減りません。

安全ですが、その分 リバウンドもしやすいので、ホームケアが必要になります。

脂肪を減らす施術

クリニックなどで行う 脂肪吸引・ハイフ・脂肪冷却などの施術は脂肪細胞を減少させる施術です。

脂肪吸引 ⇨直接脂肪を削る
ハイフ  ⇨超音波で破壊
脂肪冷却 ⇨アポトーシス

まず注意して欲しいのは「脂肪細胞は増えない」という点。

脂肪細胞の数は幼少期にほぼ決まり、吸引などの外科的要因がない限り、大きく変動することはありません。

これらの痩身施術は有限な脂肪細胞を減らすことになるので、よく考えてから受けましょう。

また、脂肪細胞を減らせばリバウンドはしにくいですが、絶対にリバウンドしないわけではありません。

脂肪細胞を減らしてもリバウンドはする

脂肪細胞を減少させてもリバウンドはします。数は増えませんが大きさはいくらでも変わります。

脂肪細胞は余った栄養を貯蔵する場所ですが、その貯蔵量に上限はありません。

そのため、もともとの「太った原因」を改善しないかぎり、残りの脂肪細胞に脂肪が貯蓄されていきますから、当然太ります。