新人エステティシャンが次回予約を取るコツ

新人エステティシャンの方は、次回予約がなかなか取れなくて悩む方も多いようです。

技術やトーク術の差はありますが、次回予約を取れる人と取れない人には、決定的に違うものがあります。

それは「心構え」です。

次回予約を取る心構え

次回予約を取れるエステティシャンは次回予約はお客様のキレイのために取るものだと考えています。

この心構えがないエステティシャンの方は、お客様に次回予約の提案をなかなか切り出せません。つまり予約が取れません。

次回予約はお客様のため

次回予約の提案をすることに抵抗があるエステティシャンの方に、まずはじめに知っておいて頂きたいことは、

「相手に次回予約を切り出せないことは相手のためにならない」ということです。

お客様は自分をキレイにするため、わざわざ時間を割いてサロンに通っているのです。

お客様のキレイに責任を持つ

そして、お客様は自分がキレイになったかどうか感覚でわかったとしても、明日以降も持続するのか(定着したのか)どうか分からないのです。

だからこそ、美容のプロから診て 継続して来店が必要なのか、それともこれで終了してよいのかを判断してあげるのです。

それなのに「よかったらまた来てださいね」と、次回の指示もせず、再来店の判断をお客様に任せてしまうというのは、やっぱり無責任ではないでしょうか。

エステティシャンとして、お客様のキレイに最後まで責任を持ちましょう!

まとめ

上手に次回予約を取るためのテクニック的なこともたくさんあります。

が、まずは毎回必ず次回の予約(卒業も含めて)を行えるための心構えを確認しておきましょう。