ラジオ波エステ

ラジオ波エステでコラーゲン生成【たるみ改善にもなる】

ラジオ波エステとは

ラジオ波エステとは、ラジオ波という高周波を用いて体を深部から温めて、新陳代謝の促進、たるみの改善、ダイエット、コラーゲン生成の促進などを行うエステです。

ラジオ波とは、周波数30~300MHzの電磁波のことで、名前のとおり無線連絡などで利用されている電波です。

ラジオ波エステではこのラジオ波を発生する装置をお肌にあててエステを行います。

 

ラジオ波エステの痩身効果

ラジオ波は、体内の水分を振動せて熱を作り出すため、体の芯から温めてくれます。

これにより、運動をしなくても、体内で発生した熱によって脂肪が溶け、痩せる効果があります。
また、体内を温めることで内臓機能なども活性化し、新陳代謝が活発になり、痩せやすい体を手に入れることができます。

このように、ラジオ波エステでは、脂肪を溶かす直接的な痩身効果と、新陳代謝を活性化して痩せやすい体を作る効果が期待できます。

 

ラジオ波エステのさまざまなマシンと特徴

ラジオ波を発生させる方式には、モノポーラー式・バイポーラー式・マルチポーラー式があります。

それぞれ特徴が違い、モノポーラー式は深いところに効果があり、バイポーラー式は浅いところに効果があります。

マルチポーラー式は浅いところと深いところの両方に効果があります。

 

ラジオ波の発生方式が複数あるように、ラジオ波エステで用いるマシンも、ハイパーナイフ・インディバ・ウィンバック…など さまざまな種類があります。

 

ラジオ波エステでコラーゲン生成力もアップ

ラジオ波は体内を温める効果があり、衰えているコラーゲンもその熱によって活力を与えることができます。

コラーゲンのもととなる線維芽細胞の生成もラジオ波によって促進されるため、体内でのコラーゲンの生成力が増え、結果的にシワやたるみの解消、アンチエイジングが期待できます。

また、ラジオ波は日常的に無線連絡などでも使われている周波数の電磁波なので、DNA損傷などのリスクも圧倒的に少なく、安心安全に利用することができます。

 

たるみの治療にはハイフ(HIFU)もおすすめ

<TCB東京中央美容外科>は、皮膚の浅いところから深いところまでアプローチできる最新のハイフ(HFU)治療器を導入。

たるみ改善はもちろん、目元・眉下・口周りなどのデリケートな部分の小じわにも対応できます。1回で半年〜1年くらい効果が持続するので、根気よく通う必要もありません。

施術件数累計20万件を超える人気治療が24,800円(税込)で受けられるのは魅力です。

TCB東京中央美容外科 公式サイト

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ラジオ波エステ