ハイフ(HIFU)

ソノクイーンの効果はいつまで続く?「長続きさせるポイント」

ソノクイーンは医療用のハイフ(HIFU)マシンです。

テレビCMでもお馴染みの『TCB東京中央美容外科』などに導入されています。

 

痛みが少なく、リフトアップ効果に関して口コミで好評です。痛みを伴うウルセラハイフから移行する人が増えています。

韓国のMFDS(厚生労働省にあたる組織)の認証を受けているので、効果・安全性ともに担保されています。

難しかった「目元」にも使える数少ない機種です。

▶︎ソノクイーンは目元のシワにも効果ある?危険はない?

 

ソノクイーンの効果はいつまで続く?

機になる効果ですが、ソノクイーンの効果は1回で6〜12ヶ月続くと言われています。

ソノクイーンの効果のピークは施術を受けてから3〜6ヶ月ほどです。

この期間は施術の作用によりコラーゲンが増加する為、最も肌のハリやツヤなどの美肌効果を実感できます。

結婚式や同窓会など大事なイベントが控えている場合は、予定日のヶ月前に施術を受けると良いでしょう。

 

しかし効果は6ヶ月位を目安に減少していきます。

効果を持続させたい場合は、1年に1回くらいのペースで再施術がおススメです。

 

もちろん個人差がありますので施術を受ける度に肌の状態を見てもらい、自分にベストな周期を見つけましょう。

 

ボディに使う場合は?

ソノクイーンは痩身(ボディ)への使用はできません。

ボディには、脂肪溶解HIFU(ハイフ)という種類のマシンを使います。ソノクイーンは違います。

 

ボディの場合は、顔よりも脂肪の層が厚いので1回では効果が出にくいです。

大幅に痩せたい場合は『脂肪冷却』などがおすすめです。

 

長続きさせるポイント

ソノクイーンは整形手術と違うので、効果がずっと続くわけではありません。

それでも出来るだけ長く効果を持続させたいですよね。

そこでソノクイーンの効果を長続きさせるためのポイントが、2つあります。

 

信頼できるクリニック

1つ目は、信頼できるクリニックを選んで施術する事です。

ハイフは専用機器で照射するため、角度やショット数によって効果に違いが出てきます。

安心して施術を受けるために、実績のあるをクリニックを選びましょう。

 

アクターケア

2つ目はアフターケアをしっかり行う事です。

ハイフの施術後は肌が乾燥し、紫外線の影響を受けやすくなります。

丁寧に保湿し、日焼け止めだけではなく日傘や帽子で紫外線対策を徹底しましょう。

 

これ以外に、ハイフ施術の効果を下げてしまう要因もあるので、これから受ける方は 以下の記事も参考にしてみてください。

 

まとめ

さらに昨今では、様々な種類のハイフマシーンが流通しています。

それぞれの特徴や照射パワーの強弱で効果が違ってきます。

口コミや事前のカウンセリングで自分に合うハイフを選び、できるだけハイフの効果を長く持続させましょう。

 

おすすめはここ

医療ハイフの症例が豊富なのは『TCB東京中央美容外科』です。全国に70院以上展開している大手美容クリニックで、数多くのハイフ治療実績があります。

日本形成外科学会や日本美容外科学会の医師をはじめ、医学研究能力を持つ医学博士など、多様なジャンルで経験豊富な医師が在籍。

それでいて全顔24,800円〜と破格の料金で受けられます。

TCB東京中央美容外科 公式サイト

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイフ(HIFU)