サロンのリピート集客にサンキューレターはもう効果がないのか?

最近ちらほら聞くのが、

「来店後にサンキューレターのハガキを送ってもぶっちゃけ意味がないですよね。」

「それで、リピートにつながることなんて全然ないですもん。」

という声。

ちゃんとした書き方さえ守れば、サンキューレターは効果のある販促ツールです。

サンキューレターの基本

○○様
先日はご来店、誠にありがとうございます。

この度は数あるエステサロンの中から、当店を選んで頂き光栄に思います。

誠心誠意の施術を行なっていきますので、またのご来店をお待ちしております。

エステサロン××

あるサロン様は、このようなテンプレートを用意しており、上記○○の部分だけ変えるだけ。

というサンキューレターを送っていました。

いちおうスタッフが手書きで送っていますが、もしこの手紙があなたに送られて来たら、どう思うでしょうか?

心に響くワケがありません!!

サンキューレターの基本は、あなたがそのお客様のためだけに書くことです。

お客様は「わざわざ自分だけのためにエステティシャンが書いてくれた」という事実に心を動かされるのです。

手書きは、手間がかかるため正直効率が良いとは言えません。

ですが、時間をかけた分だけ効果は高まります。

サンキューレターは全員に効果があるの?

仮に100人のお客様に手紙を送ったとして、

貰って心が動く人・・・30人
特に何も思わない人・・・67人
不愉快に思う人・・・3人

という反応になります。

しかし、これくらいの比率であれば、筆者はサンキューレターを送り続けることを推奨します。

30人がさらにファンになってくれるメリットは、3人に嫌われるデメリットよりも大きいとからです。

どれだけ気を使っても必ず一定数は不快に思う人が出ます。

「どこに重きを置くか?」が重要です