ポレーション

ニキビ跡のクレーターは一生治せない?【アイスピック型なら軽症】

ニキビ跡の症状の中でも、最も治りにくいのが『クレーター』です。

これは肌や毛穴が凸凹となってしまっている状態です。

ニキビが悪化し炎症がひどくなり、肌の"深層部"にまでダメージが及んだことでクレーターが形成されます。

 

一生治せない?

クレーターは肌の奥深くがダメージを受けているため、簡単に直すことはできません。

色素沈着であれば長い年月をかけて徐々に薄くなっていきますが、クレーターを自然治癒だけで治すことはほぼ不可能です。

とはいえ一生治せないということはありません。

 

アイスピック型はエステでも治せる

ただし、クレーター状態でも「アイスピック型」 と呼ばれるような小さい凸凹があります。

その名の通り、アイスピックで刺したような感じの小さい凸凹肌です。

比較的軽症なので、エステでの施術でも徐々に改善していく可能性はあります。

 

エレクトロポレーションやイオン導入などがよく活用されます。

こちらもCHECK

エレクトロポレーションとイオン導入はどっちがいいの?【併用できます】

【エレクトロポレーション】と【イオン導入】は、昔ながらの非常に有効なフェイシャルエステです。 しかし筆者もずっと勘違いしていたのですが、エレクトロポレーションとイオン導入って 違うみたいです。 「なん ...

続きを見る

 

しかし、これより大きく深い凹凸ができてしまっている場合には、エステでは治せません。

以下のような専門的な治療方法が必要になります。

 

ダーマペン

クレーター治療の最も効率的な方法がダーマペンです。

極細の針を使って肌に小さな穴を開け(傷をつけ)、その穴が修復されることで肌本来の治癒力を活性化させます。

この"修復力"を利用して、皮下のコラーゲンを増やしクレーターを修復させます。

 

また、ダーマペン施術後に美容液を導入していくことで、美容液の成分を肌の深層部にまで届けていくことが可能です。

肌のターンオーバーが促進され、肌本来の修復作用が活性化されます。

 

レーザー

2番目に有名なのはレーザーです。

原理はダーマペンと同じですが、針ではなく『レーザー』によって肌に穴を開けていきます。

針を使うダーマペンより「肌への負担が少なく」痛みも少なく、施術時間もすごく短いです。

ただ、効果を比較すると、ダーマペンの方が効果は高いです。

参考:フラクショナルレーザーとダーマペンの違い【効果が高いのはどっち?】

 

まとめ

大きなクレーターになったニキビ跡も、一生治らないことはありません。

ただ、治せるにしても期間とお金がかかってしまうので『そもそもクレーターを作らない』ことが最も重要です。

そのためには、早くニキビの炎症を抑えることです。

 

気になってニキビを潰してしまったり、何度も毛穴に刺激を与えることでクレーターとなってしまうため注意しましょう。

今はオンラインでもニキビ薬を処方してもらえますので、緊急時用に一度チェックしておいてください。

▶︎【CLINIC FOR (クリニックフォア)】オンラインニキビ治療外来

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ポレーション