カット出しとダイエットの違い【美ボディを作る】

「カット出し」とは

筋肉の隙間に溜まった水分や脂肪を取り除くことができるので、より筋が表面上に浮き上がり線がより際立ちます。これを『カット出し』と呼んでいます。

ボディビル・フィジークのような肉体美を競い合うコンテストでは、選手の最後に仕上げに活用されることが多いボディメイク手法です。

カット出しは 有酸素運動や食事制限を主に行うので、ダイエットに似ています。

しかし以下のように違いもあります。

カット出しとダイエットとの違い

通常のダイエットは、体重を落とす・サイズを減らす・脂肪率を下げる、、、

といった数値的な減量を目標に行います。

とにかく「痩せる」ことに焦点を当てているのがダイエットです。

これに対してカット出しは、ダイエットによってキレイな『美ボディ』を目指す手法になります。

ダイエットの、次のステップだと思ってください。

デザインセンスも求められ、単に体重を減らしていけばいいと言うものではありません。

カット出しには痩身エステがおすすめ

ボディメイクが得意なのが いわゆる”痩身サロン”です。

このカット出しには、ハイパーナイフなどの高周波マシンを使うのが人気です。

カット出しに特化した専門サロンも登場しています。

落としたい部分の脂肪だけを落としたりできるので、カット出しに相性が良く、ボディメイクが簡単にできます。

[PR]ダイエットには医療もおすすめ

上でも少し述べましたが、カット出しはダイエットの次のステップです。「まず体重を落としていきたい!」という人は、カット出しは一旦置いておいてダイエットが優先です。

ちなみに私は【医療痩身】に抵抗がないので、頻繁におススメしています。

e先生
日本の医療は世界的に見ても安全ですし、医療美容はるかに進歩しています。使わない手はないと思っています。

例えば リベルサス(GLP-1)という薬で食欲や血糖値上昇を抑えます。これで摂取カロリーをほぼ強制的に減らすことができます。これだと”無理な食事制限”にはならないのでとても楽ですよ!

ハイパーナイフを検討中の方は、「リベルサスを飲んでいてもハイパーナイフは受けて良い?」も参考にしてみて下さい。

女性のカット出しは究極の美ボディ

女性のカット出しで人気なのは『アブクラックス』と言う腹筋の縦線です。

女性の美ボディの極致だと言えます。

日本人では ダレノガレ明美さん、中村アンさんなどが有名です。

通常の腹筋だけではシックスパックになってしまいますが、カット出しを応用していくことで、キレイな縦線だけの脂肪を落とすことができます。

ダイエットに成功したら、ぜひ次のステップに「カット出し」もやってみてください。

EMSも活用しましょう

例えば、美しいアブクラックスを作るためには「腹直筋」「腹斜筋」「腹横筋」の3つをバランスよく鍛える必要があります。

↑ピンポイントな筋トレは【EMS】もおすすめです。

ホームケアに活用してみてください。