ハイフ(HIFU)

ハイフ(HIFU)4000ショットの効果

HIFU(高密度焦点式超音波)を二の腕、ウエストラインにあてることによって、体の中でそのエネルギーが吸収され、さらに熱変換されることにより脂肪を分解します。

この時の高密度焦点式超音波の照射1回を「1ショット」と呼びます。

 

エステサロンでのハイフ(HIFU)は出力が弱いためこのショット数を多く打つ必要があります。

メニュー紹介時にも「4000ショット」をすすめられることが多いと思います。

この4000ショットってどのくらいの効果があるのでしょうか。

 

4000ショット=全身1回分

ボディ全体にハイフをしたい方には身長にもよりますが、だいたい4000ショットが1回分の目安です。

顔にまで使うなら5000ショットくらいになりますが、個人的にはエステハイフの顔への使用は推奨していません。

シワ・たるみ取りに人気、超音波機器「ハイフ」での事故多発…顔面まひなどの報告も|読売新聞オンライン

 

ショット数で値段が変動します

基本的にはショット数が多ければ多いほど高くなります。

ハイフマシン自体にショットを打てる数の上限があるので、

ショットが高い=本体代金が高い=良い機械

というようになります。

 

あまりに安いメニュー料金だったら、ハイフ本体は数万円の「海外のでどころのわからない機器」であることがあります。

エステハイフの"安さ"には気をつけてください。

 

10セットの契約がお得!?

4000ショットで全身1回分になります。

ただしエステサロンのハイフは出力が弱いので、何回か通う必要があります。

だいたい5〜10回のセットで契約します。

多いほど割引率が上がるので、10回セットがお得です。

 

医療ハイフとの違い

ちなみ医療ハイフは出力が高いので「100ショット」からです。だいだい1〜2回程度で完了し そのまま1年くらい効果が持続します。

また、顔専用なのでボディには使いません。

 

痩身施術は「クールスカルプティング」が主流になっています。

ハイフと同様、ダウンタイムなく脂肪を除去できます。

こちらもCHECK

ハイフ(HIFU)でお腹や二の腕の脂肪は破壊できません【前提を勘違い】

ハイフ(HIFU)による脂肪破壊の仕組み HIFU(高密度焦点式超音波)を痩せたい部位にあてることによって、カラダの中でそのエネルギーが吸収され さらに熱変換されることにより脂肪細胞を破壊します。 脂 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイフ(HIFU)