【集客の間違い】安く集客する方法にこだわってはいけない

SNS広告やフリーのポータルサイトなど、安い広告媒体は探せばいくらでもあります。

「もっと安く集客を!」「もっと高い費用対効果を!」と、考えるのは当然のことですが、そればかりに固執してはいけません。

目に見えないコスト

集客コストを下げようとあれこれ調べる時間が発生します。たとえばSNS広告は、自分で配信管理をしなければいけません。もちろんクリック分析も自分でやらなければいけません。
新しい広告媒体にサロン情報を登録するにしても、登録などの手間はかかります。

この時、目には見えませんが「人件費」という費用が失われています。

コスト削減は大切ですが、あまり多くの時間を取られないようにしましょう。

安く集客しようとすると・・・

仮に、いろんな媒体を使っていて平均1万円で新規のお客様を40人獲得できていたとしましょう。

この時、平均1万円とは言っても、その内訳は様々です。PPC広告だけなら5000円くらいかも知れないですし、ホットペッパーは1万5000円くらいかかっているかも知れません。

そして安く集客しよとすればするほど「ホットペッパーは高すぎるし、やめようかな」「プランを下げようかな」などと考えるわけです。

集客数の低下

費用の高い媒体をやめていけば(あるいは費用を削減していけば)、もちろん広告費は下がっていきます。

しかし、同時に獲得できる客数自体も減っていきます。

上記の例であれば、平均集客単価を7000円まで下がったけど、月の新患数も30人に減ってしまった。

集客という側面から見れば本末転倒です。

大切なのはLTV

平均1万の集客単価を高いと感じるなら、「安く集客する」ことばかりに注力せず「LTVを上げていく」ことも意識しましょう。

広告費用を下げようとして、自分の集客活動に制限を加えるのではなく、顧客単価・LTVを上げるための仕組み(リピート率を伸ばす、回数券の成約率を上げる、物販などのアップセル、クロスセルを増やす、など)を整えることで、満足のいく広告費を維持する。

平均1万円の集客単価を半分にするのではなく、新規のお客様一人あたりのLTVを倍にする!

このような考えが、経営に安定感を与えるのです。