美容クリニック・美容外科

ルメッカはどのくらいの間隔で通うの?効果が出るまでの回数は?

ルメッカは、エステで行うフォトフェイシャルよりも効果の高い光治療です。美容医療になります。

わずか1〜3回程度の施術で効果が現れるといわれています。ルメッカに通う頻度について詳しく知りたい方は、一度カウンセリングの予約をしてみてはいかがでしょうか。

 

今回は、ルメッカの基礎知識や効果、ルメッカに通う頻度や回数について解説、この施術法が自分に合っているかどうかを判断していただけるようご紹介します。

 

ルメッカとは?

ルメッカは、ニキビ跡・シミ・そばかすに対して効果がある、強力なパルス光(IPL)治療です。

 

ルメッカの原理

IPLの光は、シミの原因となるメラニンに反応するように照射する治療法です。IPLの光によってメラニンが分解されることで、少しずつ表面側に浮かび上がります。

浮かび上がったメラニンは、その後ターンオーバーによって老廃物として排出されるという仕組みになっています。

 

メラニンが除去されることで、肌のくすみが改善されたり、肌トーンがアップしたりする効果も考えられます。

その他、コラーゲンが生成されることで、毛穴の開きや肌のハリ・ツヤ感も改善されることがあります。

 

短時間で痛みもなく比較的安全な施術のため、人気のある治療法です。

わずか2週間程度で目に見える効果を実感できることもあります。

 

ルメッカにはどのくらいの頻度で通えばよいですか?

ルメッカは、1回あたりの効果が従来のフォトフェイシャルよりも高いことが特徴です。

フォトフェイシャルでは6〜10回かかる施術でも、わずか1〜3回程度の施術で効果が現れるといわれています。

施術の頻度は、自分の肌質や肌ダメージの度合いによって異なります。

一般的には、約4週間おきに3回の治療を受けます。肌の状態によっては1回でも終了できます。

 

ただし、シミが広範囲だったり、ひどいニキビ跡の場合は、3回以上の治療が必要な場合があります。

クレーターになったニキビ跡は「ダーマペン」などの専用の施術の方が良いかもしれません。

 

こちらもCHECK

ニキビ跡のクレーターは一生治せない?【アイスピック型なら軽症】

ニキビ跡の症状の中でも、最も治りにくいのが『クレーター』です。 これは肌や毛穴が凸凹となってしまっている状態です。 ニキビが悪化し炎症がひどくなり、肌の"深層部"にまでダメージが及んだことでクレーター ...

続きを見る

 

リスクや副作用はありますか?

ルメッカは重大な副作用が起こるリスクは低いです。

一部(特に最初の治療後に)、軽度から中等度の赤みと腫れが出るかもしれません。

クリニックに在籍する医師が、ルメッカの施術経験・実績を豊富に持っているかも重要なポイントです。

経験や実績が豊富な医師が在籍していると、よりリスクを少なく 安心して施術を受けられます。

 

おすすめはここ

東京美容外科は、ルメッカによる顔全体への施術を27,500円の安さで提供しています。

さらに、もっと安く受けたい方はモニターに応募するのがおすすめです。

東京美容外科は開業以来19年間医療事故ゼロ、肌治療も安心して任せられます。

東京美容外科 公式サイト

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-美容クリニック・美容外科