基礎知識

マグニートを受けるときの注意点

マグニートの痩身効果

マグニートは「パルス電磁界」という磁気の力で身体の深い部分まで磁気を届けることにより、ダイレクトにインナーマッスルに影響を与え、通常の運動による脂肪燃焼と同じメカニズムを実現します。

その痩身効果は15分の施術で腹筋やスクワット約1万回分!

筋肉が付くのリバウンドしにくい体質改善まで可能となります。

前日・当日に激しい運動をしていないか

マグニートは強力な筋肉運動を実現するマシンです。

当日や前日にキツい筋トレをしていると、回復中の筋肉にさらに負荷をかけることになってしまいます。

きつい運動をしたら、1~2日ほど間を空けてから施術を受けられるようにしましょう。ジムに通っている人はスケジュールを調整してください。

ちなみにマグニートを受けた翌日も、筋肉を回復させるために安静にした方が良いです。

関連記事:マグニートを受けた後のおすすめ行動と注意するべきこと

金属が体内にないか

これはマグニートを受ける際の禁忌事項として説明もあるのですが、体内に金属が入っている人は施術禁止になります。

強力な磁力が発生するので、埋め込まれた金属が影響を受けてしまいます。

具体的には 電磁パルスによって、金属には電気が流れはじめます。直下に金属があると感電の恐れもあります。

私は入っていないのですが、インプラントの人はピリピリしたそうです。

※インプラントの人は受けられないそうです。安全のためにも 正直に申告しましょう。

刺青・タトゥーもNG

刺青・タトゥーに使うインクには微量の金属を含みます。

金属粒子が強い磁場に引っ張られるので、痛みの原因になります。

これは刺青・タトゥーから離れた箇所でも反応します。原則、どの部位でもNGになるお店が多いです。

スマホは持ち込まない

電磁気の影響で、スマホやタブレットなどの電子機器は壊れます。

30分くらい横になるのですが、スマホはいじれないです。小さめの本で、読書をするのがおすすめです。

おそらく賠償してもらえないと思います。

 

余談ですが、同室にあった別の痩身マシンが壊れたそうです。特に"複合マシン"は壊れやすいみたいです。

セルライトゼロやフォースカッターなどは注意が必要ですね。

 

脂肪冷却もおすすめ

電気が苦手な人や、刺青・タトゥーが入っている人には『脂肪冷却』がおすすめです。

脂肪細胞を減らす施術なので、リバウンドのしにくい痩身技術です。

電気特有のビリビリ感はなく、刺青・タトゥーがあっても大丈夫です。

医療痩身になりますので、<湘南美容クリニック>などで受けられます。

 

スポンサーリンク

美容整形

-基礎知識