脱毛

未成年・学生が脱毛をするメリット・デメリット【注意点も紹介】

未成年・学生でも施術が受けられるサロンやクリニックはあります。

早期に脱毛するメリットはたくさんあります。

 

しかし、何歳からでも施術を受けられるわけではありません。

また、施術が受けられる年齢の条件はクリアしても、未成年ならではの制約もあるので参考にしてください。

 

注意点①:ほとんどの脱毛サロン・クリニックは中学生以上

小学生を対象にしたキッズ脱毛もありますが、だいたい脱毛サロン・クリニックで設けられている年齢制限は、中学生以上から施術が受けられます。(=中学生になっていれば施術が可能です)

ただ、最終的にはウェブサイトなどに明記されている年齢制限に従います。

気になっているサロン・クリニックがあれば、サイトをチェックしましょう。もしサイトなどに記載がない場合は、直接お問合せするのもおすすめです。

 

注意点②:保護者の同意が絶対必要

消費者保護条例により、未成年が脱毛をする際は、100%保護者の同意が必要になります。これは、脱毛にかかる費用が高額なこともあるからだと考えられます。

また、条例で決まっているため、ほとんどのサロン・クリニックでは自社ウェブサイトから同意書をダウンロードし、保護者に必要事項を記載してもらう形式を取り入れています。

保護者の同意書がないと契約ができません。

 

保護者同伴が必要な場合も

サロン・クリニックや年齢によっては、保護者の同伴が必要な場合もあります。これはサロン・クリニックによって異なるので、心配であれば、先に確認をおすすめします。

保護者の同伴があることで、サロン・クリニック側もしっかりと保護者にリスクの説明ができるメリットもあります。

 

注意点③:肌トラブルについてしっかり理解する

脱毛には肌トラブルが起こるリスクがあります。

これをしっかり理解していないと、後悔したり、驚いたりしてしまうことが考えられます。

そこで、未成年が脱毛するメリット・デメリットをまとめてみました。

 

未成年の脱毛メリット3つ

メリット1:コンプレックスをなくし、自分に自信がつく

体毛が濃いのは思春期の子にとっては、かなりコンプレックスに感じることだと思います。しかし、脱毛施術を受けることで、徐々に体毛が薄くなり、自分に自信がついてくるという声があります。

メリット2:自己処理の手間が省ける

未成年に限らずですが、自己処理の手間が省けるのも脱毛を受けるメリットです。

メリット3:学割などでお得に施術が受けられる可能性がある

時期やサロン・クリニックによっては、学割などのキャンペーンを行なっていることもあるので、通常よりもお得に施術が受けられる可能性があります。

 

未成年の脱毛デメリット2つ

デメリット1:肌トラブルが大人に比べて起こりやすい

未成年の肌はまだ、大人に比べるとデリケートです。その分大人に比べると肌トラブルのリスクが高くなる可能性があります。

 

デメリット2:また生えてきたり、脱毛回数がかかる

未成年はホルモンバランスが安定していないため、また生えてきたり、思っていた以上に脱毛回数がかかる可能性があります。

 

サロン脱毛がおすすめ

若いうちは毛も薄く・まだ発育途中の毛穴もあるため、医療脱毛だと「硬毛症」「多毛症」という副作用のリスクが高まります。

そのため 出力が低く・肌に優しい "サロン脱毛" の方がおすすめです。

ミュゼプラチナムは、肌にやさしい「S.S.C.方式」を採用している美容脱毛サロンです。

18歳までのお客様限定で、脱毛料金が20%割引されます。

全国168店舗(2022年8月時点)から店舗が選べるので、学校や帰りにも通いやすい。

ミュゼプラチナム 公式サイト

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-脱毛