夜に食べると太る!?夕食は何時までに済ませるべきなのか?

B-MAL1(ビーマルワン)

人間は朝になると目が覚め、日中に活動し、夜になると眠くなります。人間は時計がなくとも一定の生活リズムを保つことができるので、体内時計があると表現されます。
そして、体内で時計の役割を果たしているB-MAL1(ビーマルワン)というタンパク質です。

B-MAL1が脂肪を蓄積させる

B-MAL1は体内時計としての役割だけでなく、脂肪の蓄積を促す役割も担っています。
また、B-MAL1は1日のうちに体内での量が大きく増減します。つまり、B-MAL1の量が多い時間に食べ物を消化していると、まったく同じ食事をしていても、脂肪の蓄積量が変わってしまうのです。

B-MAL1は夜中がピーク

img_0

B-MAL1の量は10?18時に最も少なく、22?深夜にかけて最大になります。夜に食べると、ちょうどB-MAL1の量が最大になる深夜に消化・吸収が行われるため、結果として太りやすくなってしまいます。

食事は、午後8時までに済ませましょう。午後8時まで食事はB-MAL1の量が増える22時には消化され、脂肪の蓄積を回避できます。

それでも、現代社会では夜遅くまで働き、どう頑張っても食事にありつけるのは20時以降にばってしまう人は増えています。

蓄積されてしまった脂肪にはハイパーナイフ

蓄積されてしまった脂肪は、そのままにしておくとセルライトになり、様々な体調の不調につながります。

そうなる前に、ハイパーナイフで蓄積された脂肪を燃焼させていきましょう。