帝王切開した後 ハイパーナイフに通えるのはいつから?

帝王切開による出産の後に、どのくらいのタイミングでハイパーナイフを受けられるのか?悩んでいる方は多いです。

ひとつの目安として、参考になる情報をご紹介します。

帝王切開の場合は2~3ヵ月後にスタート

普通分娩の場合は、産後1ヵ月くらいは安静にしておいて、その後からダイエットに励むというパターンが多いんですね。

病院からも「1ヵ月くらいは安静にしておくように」と言われます。帝王切開で出産した方は、より回復に時間がかかります。

さらにもう1ヵ月の余裕を取って、産後2ヵ月くらいからハイパーナイフをスタートすることがおすすめです。

医療スタッフと相談してタイミングを決めよう

「帝王切開の場合は2~3ヵ月後」これはあくまでも一般的な目安になりまし。

自分の体調や傷口の状態によって適切なタイミングは微妙に違ってくるので、医師や医療スタッフにも相談してから始めると安心です。

検診の際に、病院でスタッフの方に聞いてみることをおすすめします。

まずは自分の体調をしっかり整えて、安定した状態を保ちましょうね。

メニューによってタイミングは変わる

ハイパーナイフには、いくつか施術の種類があります。フェイシャル・デコルテエステならば産後1ヵ月くらいから通うこともできます。

また、傷口から遠い脚や肩への施術もわりと早い段階から再開できます。

ただし、ボディ(特にお腹周りや腰)のケアになると、産後2ヵ月や3ヵ月くらい経ってから通うほうが良いでしょう。

産後3ヵ月から6ヶ月の間が、もっとも体型を元に戻しやすい時期になります。

優良店がおすすめ

産後3ヵ月も経つと、さすがに育児のストレスを感じるようになります。コリや疲れがたまり、メンタル面でもつらいと感じる方が多いです。

そんなとき、ゆったりとしたエステで安らぎつつダイエットできると良いですよね。

最近はハイパーナイフの優良認定店もあります。

メーカーが推奨しているサロンです。

リフレッシュに行ってみるのも良いかもしれません。↓

ハイパーナイフ優良認定サロン一覧|株式会社ワム