ハイフ(HIFU)

ハイフ(HIFU)の施術はどのくらいの期間持続する?

ハイフ(HIFU)の仕組み

まず。ハイフ(HIFU)の施術を行なった時に施術後の持続期間についてお話しする前にハイフの仕組みについてお話します。

ハイフは超音波を特殊なレンズを通して1点に集中させ、皮膚の内側の脂肪層や筋膜等の狙った場所に直接照射します。

高密度な超音波を肌内部に浸透させ振動させることにより細胞同士がこすれ熱を出し、その熱で脂肪を燃焼させます。顔なら顔の脂肪を燃焼させお腹ならお腹の脂肪を燃焼させる仕組みです。脂肪の燃焼効果は緩やかですが持続時間が長いのがハイフの特徴です。

 

ハイフの持続期間は?

ハイフの施術を行なったことによるリフトアップ・脂肪分解作用の効果の持続時間はおよそ、個人差もありますが6ヶ月から1年です。

いくら効果の持続期間が長くてもその間の食生活を見直したり、生活習慣を見直さなければハイフで分解しきれる脂肪量を上回り十分な効果が現れなくなります。

 

また、すぐに効果は出ません!

ハイフの施術により脂肪細胞に超音波を当てた時に出る熱量が体内から排出されるまでの時間が1ヶ月かかります。

 

ハイフは顔に使用できるの?

ハイフは顔を小顔にするために使用をすることができます。ですが、顔も体と同じで脂肪が2cm以上無い場合には筋肉を破壊する恐れがあるために使用することはできません。

こちらもCHECK

ハイフ(HIFU)をやり過ぎるとどうなるか?将来が老け顔になる?

ハイフ(HIFU)とは皮下組織、特に顔面の "SMAS筋膜" に収束超音波で熱を加えていき、軽度の火傷をさせて熱収縮させます。 その結果、筋膜上にのっている皮膚皮下組織のリフトアップ効果が生まれるとい ...

続きを見る

 

しかし、ハイフは顔の場合であっても持続時間は6ヶ月から1年は続きます。その間も緩やかに脂肪が燃焼されていきます。ですので、即効性はありませんが長期的に緩やかに脂肪が燃焼され続けます。

ですが、上記で説明した通り燃焼能力を超えた食事量を取ると効果は失われる可能性があります。

 

ハイフの安全性は?

ハイフの使用に関しての安全性は人により部分的に軽いやけどの様な症状が出る場合があります。これは脂肪細胞が熱で分解された時に起こる現象で個人差により起きる場合と起きない場合があります。

ハイフを使用した際に起こるやけどは軽微な物ですので基本的に施術を行なった技師の人の治療を受けることで自然にやけどは治まります。

キチンと施術を行なえる技師の元で施術を行なえば軽いやけどになることはあまりなく、やけどの症状が出てもキチンと対応して治療をしてもらえるので心配は必要ありません。

こちらもCHECK

ハイフ(HIFU)がおすすめのエステサロン3選【結論:ありません!】

ハイフは医師資格のないエステティシャン等が行うことは禁じられています。必ず美容クリニック・美容外科で受けてください。(引用:国民生活センター) 結論から言うと、ハイフ(HIFU)をエステサロンで扱うの ...

続きを見る

 

医療ハイフがおすすめ

そもそもハイフは危険の大きい施術です。

エステサロン等でのHIFU機器による施術でトラブル発生!-熱傷や神経損傷を生じた事例も-(国民生活センター)

1回1回の施術にリスクがあるのであれば、サロンで何度も受けるよりは、クリニックで1回で終えていまう方が、リスク面でも費用面でもメリットが大きいです。

 

医療ハイフの症例が豊富な上に料金も安いのは『湘南美容クリニック』です。全国に100院以上展開している大手美容クリニックで、数多くのハイフ治療実績があります。

それでいて初回29,800円と破格の料金で体験できます。(※半年〜1年ほど持続します)

 

余談:ホームケアで効果UP

ハイフの痩身効果をさらに高めるためにはホームケアも重要になります。

キャビスパは痩身メニューでも主要な「ラジオ波」「キャビテーション」「 EMS」を家でも行うことができるので、ボディケアにおすすめです。

 

フェイシャル(顔)へのケアには、ハイパーナイフのメーカーが開発した美顔器【メディポレーション】がおすすめです。

リフトアップ成分を肌から直接導入できます。10分程度のケアで簡単に小顔&美顔ケアができますよ!

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-ハイフ(HIFU)