エステティシャンになる

【サロン就職面接の裏話】シミとたるみのあるエステティシャンはご法度

裏話

実際に私がサロンの店長をしていた時は、面接時に "シミ" と "たるみ" に関しては大きくマイナス評価をしていました。

さらに言うと既存スタッフにも「早めにクリニックで治療してきなさい!」と言っていました。

そのくらい、シミとたるみは特に【老けてる】印象を与えます。

美の先生としてお客様と関わる以上、シミとたるみは消しておいた方が信頼につながります。

ちなみに痩身エステではシミとたるみに加えて【太っていない】方がいいです。

ただ 何故か少しぽっちゃりしている人の方が安心がありますので、私はマイナスしていませんでした。←ぶっちゃけここは好みに分かれます。

なのでとりあえずエステサロンへの就職を考えているなら肌は綺麗な方が絶対に良いですね。

シワはマイナス要因にならない

意外なことにシワはマイナスの印象を与えません。

年相応の印象を与えます。・・・実際に私が勤めていたサロン全体の方針でも「シワは気にしなくて良い!」と言われていました。

その上でシミとたるみが少ないと、しっかりと肌のケアができているんだなーという印象になります。

逆に顔のシワが極端に少ないと整形の印象を与えます。

シワは首や手甲にも同じくらい現れるので、顔のシワの少なさは余計に目立ちます。

「あ!この人、糸入れてるんだなー」ってわかります。

エステティシャンはウェルエイジング

エステティシャンは医師ではないので

【年相応でいて肌がキレイ!】

というのが理想的な状態です。

整形はバレない方が良いです。なので極端にシワが少ないのは悪印象になります。

するなら、首や手甲まで徹底的に!

プチ整形がおすすめ

エステティシャンの多くは【プチ整形】しています。

※プチ整形はメスを使わない整形です。よろしければ「プチ整形と整形の違い【プチ整形のメリットデメリット】HIFUもプチ整形」もご覧ください。

例えばシミは飲み薬などで薄くできますし、たるみはハイフ(HIFU)で治療できます。

万が一、シミやたるみができてしまったら、早めに治療してエステで予防していきましょう。

自分の肌のコンディションも信頼作りの大切なアイテムだと思ってください。

美容の総合クリニックとしては湘南美容クリニックさんあたりが人気です。←エステティシャン仲間の多くも、お忍びで利用していました。

 

スポンサーリンク

メディカルサイズダウン

-エステティシャンになる