エステサロン広告の魅力的なキャッチコピーを書く3つコツ

キャッチコピーは、反応率に大きく影響します。

ここでは、誰でもすぐにキャッチコピーを書けるコツをお伝えします。

サービスの絞り込み

1つの広告には1つのサービスしか伝えてはいけません。
うちのエステサロンは「ボディ施術の効果がNo1」「フェイシャルも満足度1位」「今なら地域最安値で○○を受けられます」など、いくつものサービスをPRしないように気をつけましょう。

知名度が低い小さなエステサロンの場合は、「ボディ」「フェイシャル」のような広義のワードより、「足のセルライトケア」「腰のくびれ」「40代のシワ対策」など、できるだけニーズをピンポイントに絞ったほうが集客効果は高いです。

数字を入れる

キャッチコピーに数字ある場合は、ない場合に比べて、反応率が2倍以上も上がります。数字を入れることで、受けとる側のイメージが具体的になり信憑性が出ます。痩身サロンの場合は、施術内容・期間なども合わせ、採寸データを詳細に記録しておきましょう。

簡単に反応率を上げられるノウハウなので、ぜひ試してみて下さい。

特典がある

特典は「予約しようかな? どうしようかな?」と、 後一歩を踏み出せない人の背中を押すものです。この特典があるだけで、反応率は大きく変わります。

よく使われる特典の種類は、
「○○%OFF」「〇〇無料」「〇〇プレゼント」「ポイント2倍」「非売品プレゼント」などがあります。

また、特典+限定にすると効果的です。特典と限定を合わせることで、「今、来店するとお得」になります。 迷っていた人も「それだったら」と来店してくれます。

サービスの絞り込み・数字・特典の3つに注意して魅力的な広告文を作ってください。