整形よりもエステに行く女性が多い理由

「整形美人」などという用語が生まれるほど、日本人は整形に後ろ向きです。

なぜここまで後ろ向きなのか、その理由を考察してみます。

ちなみに本記事は整形を後押ししているわけではありません。かといって「整形反対!」というわけでもないですよ。

自然を大切にする

日本人の感性は「ありのまま」「自然」というものに敏感です。

絵画の歴史をみても風景画が浸透しやすく、抽象画が受け入れられないことが多いです。

観光スポットとして人気を集めるのも、景色や神社のような自然そのもの。昔のままの文化。というものが愛され続けています。

人工的芸術はまだまだ受け入れられず

逆にいうと、日本人は人工的な芸術を受け入れる感性が乏しいです。

デジタルアートやメディアアートといった、テクノロジーを駆使した芸術に対する注目も集まってきていますが、これはあくまでも「新しいから」「インスタ映えするから」といった理由が大きいと考えられます。

まだまだ一過性のものです。

新しいものに敏感

前述にもありましたが人間は「新しいもの」に敏感です。

整形は急激な容姿の変化が伴います。

なので整形をすれば必ず「あれ!鼻高くなってない?」「もしかして整形した!?」などという声がかかります。

出る杭は打たれる

多分これが一番の理由だと思いますが、これも日本人の特性として、出る杭を打ちます。

どんなに整形がうまくいっても「美人になったね!」とはならず「前の方が良かったのに〜」という声がかかります。

内心は羨ましさや恨めしさがあるのでしょう。

どうも日本人は、出る杭を嫌います。

「整形美人」などという用語が生まれたのも、どこか悪意を感じてしまいますね。

整形には強い意志が必要

「自分はこれが一番いいんだ!」という強い意志が必要になることでしょう。

逆に、まわりの意見に流されるようなスタンスの人は、整形は向いていません。

エステで綺麗になる方があっています。

 

【宣伝】

美容外科医歴20年の技術と経験で豊富な症例数

女性の美はお任せください! 無料カウンセリングはコチラから↓

美容外科・美容皮膚科は東京ヒルズクリニック